ハムスターのほうれん草の与え方!適量とシュウ酸・結石について

栄養満点の野菜といえばほうれん草。昔のアニメで、ほうれん草を食べるとムキムキになるものもありました。(ポパイ ザ セーラーマーン!)

お浸しやラーメンの具などとしてとても人気のある野菜です。

普段の食事で余ったほうれん草をハムスターに与えても良いか迷った時がある方もいるのではないでしょうか?

ほうれん草は、レタスと同様、ハムスターに与えて良いか意見が割かれている野菜です。

厳密に食べられないということではありませんが、栄養はあるものの含有されるシュウ酸という成分に問題があるため、エサとしては推奨されていないと言うのが現状です。

当ブログでは、エサとしては推奨しないものの、少量であれば危険は低い野菜(要注意な野菜)として取り扱います。レタスと同様の扱いです。

今回は、ハムスターにほうれん草を与える際の問題点と、与え方について詳しくみていきます。



ほうれん草の栄養価と水分量

spinach

ほうれん草には栄養が豊富に含まれています。まずは代表的な栄養を確認しましょう。

ほうれん草の栄養価

・鉄分

貧血になったら、レバーやほうれん草などが良いと聞いた時がありませんか?ほうれん草には鉄分が豊富にふくまれており、赤血球の元になります。

・カロテン

抗発ガン作用、髪や目・皮膚などの健康維持をしてくれます。

・マンガン

カルシウムなどと一緒に働き、骨の成長に役立ちます。

・ビタミンC

レモンの1/3ほどになりますが、ほうれん草にも豊富にビタミンCが含まれています。

・葉酸

DNA・細胞の正常な成長に役立つ葉酸。実は葉酸はほうれん草から発見されたそうです。

この他にも多くの栄養が含まれており、ほうれん草は栄養的には体に良い食べ物といって良いでしょう。

ほうれん草の水分量

ほうれん草の水分量は100g当たり約91g

レタスほどではありませんが、水分量としては非常に高いです。

8割から9割ほどの水分量の野菜については、少量で与えることが鉄則です。

ハムスターに与える際は、この水分量も問題になります。

ただし、この水分量よりも問題があります。それはシュウ酸とよばれる成分です。

ほうれん草とシュウ酸

ほうれん草にはシュウ酸が含まれています。シュウ酸とほうれん草の関係についてみていきましょう。

シュウ酸とは

シュウ酸はアクの一種で、苦味・渋みの成分です。

料理の際に下ごしらえでアク抜きをしますよね?あの時に出ているものがシュウ酸です。

このシュウ酸は主に葉菜類に含まれており、代表されるものがほうれん草になります。

シュウ酸を摂取するとどうなるか?

シュウ酸は熱に弱いためお湯で熱すると8割~9割ほどを除去することができます。

体内に入ったシュウ酸はカルシウムと結合してシュウ酸カルシウムとなりますが、体内に吸収されるのではなくそのまま便として体外へ排出されます。

これだけであれば、入って出て行くだけなのだから問題ないのではないか?と思うかもしれません。

このシュウ酸カルシウムが便ではなく、尿に周った場合に起こるのが尿路結石です。

尿管結石について

地獄の苦しみ、激痛として知られる尿路結石。

私も実は一度なった時がありますが、息をするのがやっとくらいの激痛で、全く動けませんでした。もう二度と体感したくありません。(マジでやばいです。)

こちらのブログはあくまでハムスター専門サイトなので尿路結石についての病症については詳しい解説はしませんが、人間ですら拷問のような苦しみを味わう病気にハムスターがかかったらどうなるか?火を見るより明らかでしょう。

もしハムスターが結石になった場合、最悪手術せねばらず、手術したとしても生存することは非常に難しくなります。

ほうれん草以外の野菜にもシュウ酸は含まれる

シュウ酸はほうれん草以外の野菜にも含まれています。このブログでも書いたキャベツブロッコリー、葉菜以外でもバナナなどにも実は含まれています。

ただし、それらの野菜類は、ほうれん草に比べシュウ酸値が低いため、少量であればあまり問題がないため、当ブログではシュウ酸について触れませんでした。

ほうれん草はシュウ酸に触れないわけにはいかない野菜ですので、今回こうしてシュウ酸についてまとめました。



ほうれん草のハムスターの与え方

ではここまでを踏まえて、ほうれん草をハムスターに与える方法についてみていきます。

ほうれん草を無理に与える必要はない

もうお分かりかと思いますが、そもそもほうれん草を無理にハムスターに与える必要はありません。

栄養的には意味がありますが、シュウ酸のせいでリスクが大きいためです。

ただし、ねぎやアボガドのような一発アウト・絶対NG食材ではないため、レタスと同様に正しい与え方を把握していれば、リスクは低いと思います。

与えないほうが無難ですが、ほうれん草を与えたい方は下記の与える方法を確認してください。

ほうれん草を与える適量

シュウ酸と水分量の関係から、ごく少量を与えるようにしましょう。

1g~2g5mm角ほどになります。大きくても1cm角程度にしてください。

葉っぱ丸まる一枚を与えるのは控えましょう。食べて確実に結石になるわけではありませんが、リスクは大きくなります。

ほうれん草を与える頻度

毎日与えるのはNG。多くても週1以下、できれば月ごとに分けるくらいの間隔で与えましょう。

ここまでしてほうれん草をハムスターに与える意味があるかといえば、正直ないと私は思っています。

ただし、前述したとおりほうれん草は栄養が豊富なので、エサとして非常に残念な位置づけです。与えたいけど与えられない!!そんな野菜といえるでしょう。

ほうれん草の茎について

ほうれん草には茎があります。ほうれん草の茎は食べることができます。

葉と同様茎にも栄養が豊富に含まれているので、捨てずに茎も使いましょう。

ただし、茎には土が入り込んでいるためよく洗ってください。また、茎が赤い場合も特に問題はありません。

しっかりゆでた後、余熱をとり、水気を切る

ゆでることによってシュウ酸を取り除き、リスクを減らすことができます。生で与えるのではなく、しっかりゆでたほうれん草を与えましょう。

ゆでた後はしっかりと余熱を取り除き、キッチンペーパーなどで水気を切ってからハムスターに与えるようにしてください。

食べ残しは取り除く

ほうれん草は新鮮なものを用意しましょう。また、食べ残しはすぐに取り除いてください。

まとめ

いかがでしたか?今回はハムスターにほうれん草を与える際の方法についてみてきました。

今回のまとめです!!

1:ほうれん草は栄養が豊富。
2:水分量は91%と高い。
3:シュウ酸が含まれている。
4:シュウ酸には結石のリスクがある。
5:適量は1g、頻度は各月。
6:ほうれん草を無理に与える必要はない。

以上となります!!

次回はハムスターの小松菜のあげ方です!!あわせてご覧下さい!!