ハムスターのレタスの与え方!適量と頻度、下痢との関連性について




シャキシャキの食感が人気のレタス。サラダやサンドイッチなど、日常的に食べる機会の多い野菜です。

キャベツや白菜と同様、ハムスターに与えたことがある方も多いのではないでしょうか?

レタスはハムスターも食べることができますが、キャベツや白菜と比較すると、与える際には特に注意が必要な野菜です。

飼育本やペットサイトによっては、与えてはいけない野菜に分類されている場合もあります。

とはいえ、レタスをハムスターが全く食べられないことはありません。

うっかりレタスで大変なことになる前に、しっかりとハムスターへのレタスの与え方を確認しておきましょう。



レタスの栄養価と水分量

lettuce

レタスは他の野菜に比べ栄養価が少ないとされています。ただし、全く栄養がないわけではありません。

レタスの栄養価

・食物繊維

お通じを改善してくれる代表的な栄養素。新陳代謝も良くしてくれます。

・カリウム

血圧を調整し、ナトリウムを排出してくれます。

・ビタミンC、E

ビタミンCやビタミンE類も含んでいますが、他の野菜と比較すると少量です。

代表的な栄養価は以上です。

他の野菜類の記事に比べて栄養価が少ないんじゃないか?と思われた方がいるかもしれません。はい、その通りです。

レタスをハムスターに与えないほうが良いとされる理由の一つに、「与えても栄養的にほとんど意味がないから」ということがあげられます。

私たち人間であれば、レタスは食物繊維の補給として非常に良い野菜です。現代人はほとんどの場合食物繊維が不足しています。

ただしハムスターの場合、むしろ豊富な食物繊維のせいで下痢に陥る可能性があります。

この記事を執筆している私から見ても、ハムスターにはレタスよりキャベツを与えたほうが栄養的に良いと思っています。

レタスの水分量

そしてなんといっても問題はレタスの水分量です。

レタスには100g当たり約95gの水分が含まれています。

95%!?ほぼ水です!!スイカいちごの記事でも水分量を書きましたが、それらを超える水分量になっています。

同程度の水分量としては白菜が挙げられます。ただし、栄養的には白菜のほうが良いでしょう。

レタスを与える意味と目的

レタスの与え方を知る前に、栄養価と水分量を踏まえた上でレタスを与える意味について押さえましょう。

他の野菜との栄養比較

はっきりいって、同じ葉物系野菜であればキャベツや白菜を与えたほうが栄養的には望ましいです。

レタスを与えたからといって、ハムスターが健康になるということはほとんどの場合ありません。

「レタスは食事にあたらない」と考えましょう。

ただし、給水目的であれば、レタスを与える意味があります。

給水目的でレタスを与える

ハムスターによっては、怪我や病気の時に給水器をうまく使えない場合があります。

水分を摂取しないとハムスターはすぐに死んでしまいます。人間でも数日水分を取らないと死に至りますので、ハムスターにとっても水分補給はとても大事です。

そのような場合、水分の補助としてレタスを活用する意味はあると思います。

レタスは食事というより、水分補給の一環と考えて与えましょう。



レタスの与え方

ここまでレタスの栄養と与える意味についてみてきました。

具体的な与え方ですが、やはり量に気をつける必要があります。

レタスを与える適量

本当に少量で十分です。

1g~2g程度、5mm角ほどのサイズにしましょう。

某サイトでレタスを丸まる一枚ハムスターに与える画像をみかけましたが、あの与え方はとても危険です。

レタスの葉は一枚で20g~50gあります。ドワーフ系ハムスターの体重と同程度かそれ以上の重さです。

人間で考えると、自分の体重と同じくらいの水を与えていることになります。体調が悪くなっても仕方がないと言えるでしょう。

レタスを与える頻度

与える頻度ですが、などの暑い時期に、週1以下のペースで与えましょう。

毎日あげたり、葉を丸まる与えるのはおすすめできません。あくまでも水分補給の補助として考えてください。

メリットよりデメリットの方が多く、レタスでお腹がいっぱいになり通常のエサを食べなくなる場合もあります。

また、レタスを与える際は糞や毛並みなどを見て、少しでも異常を感じられる時は与えないようにしてください。

新鮮なレタスを与え、あまったレタスはすぐに取り除く

レタスはその水分量から傷みやすい野菜です。

できるだけ新鮮なレタスを与えて、食べ切れなかったものはすぐに取り除くようにしましょう。

巣に持ち帰って痛んだレタスをハムスターが食べてしまった場合、食物繊維×水分量×腐敗のトリプルコンボで下痢になる恐れがあります。

下痢と死

詳細はハムスターの下痢の記事にて記載していますが、下痢はハムスターにとって命に関わる病気です。

下痢の危険性

人間であれば下痢で即座に死ぬわけではありません。しかしハムスターは非常に小型かつ脆弱な生き物です。

下痢になった場合、最悪死に至ることもあります。ウエットテイルなどの症状の場合は特に急を要します。急いで病院へ連れて行ってください。

レタスを与える際は容量用法を守って正しく与えるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

他のエサの記事と違い、少しきつめの内容だったかもしれません。

それでもレタスをハムスターに与える方は多いと思うので、今回は注意喚起の意味でレタスを取り上げさせていただきました。

今回のまとめです!!

1:レタスの栄養価は少ない。
2:レタスの水分量は95%。ほとんど水分。
3:食事ではなく給水と考えて与える。
4:適量は1g~2g。
5:頻度は夏に週1程度。
6:下痢は死に繋がる怖い病気。

以上です!!個人的には、レタスではなくキャベツをお勧めしたいと思います!

ここまでお読みいただきありがとうございました!!

次回はハムスターのほうれん草の与え方です!!こちらも合わせてお読みください!

ペレットで迷ったらコレ!おすすめです!