ハムスターがうんちを食べる・フンを投げる3つの理由と対処法

hamster-relax

みなさんはハムスターがうんちを食べるということをご存知でしょうか?

ほとんどの方はご存知ないと思います。では、ハムスターがフンを口から飛ばす時があることはご存知でしょうか?

これも恐らくご存知ないかと思います。実際私もハムスターを飼うまでは知りませんでした。

昔ハムスターがうんちを食べているところを見て、餌が足りないのかな?医者に連れて行こうかな?と心配になった時があります。

今回は、ハムスターを飼い始めたみなさんが心配する前に、ハムスターがうんちを食べる・フンを投げる理由とその対処法についてご紹介したいと思います。



1:食糞行動について


こちらの画像は、私のペット五十鈴ちゃんがまさにうんちを食べる瞬間の画像です。当時知識のなかった私はとてもびっくりしました。

実はハムスターに限らず、ウサギやフクロウ、犬などもうんちを食べます。この行動を食糞行動と言います。これは動物の習性ですので、異常行動や病気ではありません。

ハムスターを飼っている方は、自分のハムスターがうんちを食べても心配する必要はありません。種類により食糞をしやすい傾向があり、ジャンガリアンで特によく見られます。

とはいえ、うんちを食べるのは健康に害がありそうですよね?止めた方が良いのでしょうか?

ハムスターの場合、答えはNOです。

2:うんちには食物繊維がいっぱい!

ハムスターがうんちを食べるのには理由があります。

まず一つ目の理由は栄養を摂取するためです。ハムスターは「通常のフン」と「盲腸糞」の2種類のうんちをします。

盲腸糞とは、食物繊維などを盲腸で分解したものです。通常のフンより柔らかいため、肛門に口を近づけて直接食べます。まさに先ほどの画像の通りです。

一度の食事で摂取しきれなかった栄養を、盲腸糞を食べることでしっかりと摂取することができます。食物繊維だけでなく、ミネラルなども摂取しているので、うんちを食べる行動を止めてはいけません。(犬の場合は逆で、しつけによって止めるケースが大半だそうです。)

餌が不足しているからうんちを食べるということ理由ではなく、餌が十分ある状態でもうんちを食べます。

これはもう習性と割り切って、うんちを食べるのは止めないようにしましょう。止めるとストレスになる他、逆に健康に害が及ぶ場合があります。

3:うんちは母の味?

可愛らしい子どもハムスターが大人になる成長途中に、母乳と一緒に母親の盲腸糞を離乳食として食べます。

そうすることで、母親から栄養だけでなく、免疫や抗体なども受け継ぐわけです。すごいですよね!!

ちなみに、ハムスターを繁殖させた方はご存知かもしれませんが、ハムスターの離乳食は市販されていません。

離乳食を手作りされる方もいますが、母ハムがいれば、基本的に離乳食を準備する必要はありません。うんちで十分!というわけですね。

4:フンを飛ばす理由は?


↑フンを投げる瞬間の画像

うんちを食べる理由は分かりました。では、うんちを口から飛ばす時があるのはどういう理由なのでしょうか?

実は、深い理由はなく、退屈なのでうんちで遊んでいるだけです。

私たち人間も、小さな頃はみんなうんちが大好きです。2017年に大ヒット商品となったうんこ漢字ドリルが、その人気を証明しています。

ハムスターもうんちが大好き!!食べるだけじゃなく、口に含んで飛ばして遊んでいます。この時飛ばしているフンは、通常のフンの場合があります。

フンを飛ばすことがストレス解消になっているので、人間の子どもがおもちゃで遊んでいるのと一緒です。微笑ましく見守りましょう。

とはいえちょっと見栄え的になんとかしたいという方は、うんちを一箇所に集め、そこでだけ遊ぶように誘導してください。毎回一箇所に集めておくと、次第にそこでうんちをするようになります。子どもの遊び場を作る感覚ですね。

ベテラン勢ならご存知かと思いますが、ハムスターの通常のフンはコロコロと固く乾燥しており、ウサギや犬とは違いとても小さいので匂いもほぼしないため、うんちをするたびに都度急いで片付けるものでもありません。うんちを一掃するのは、掃除の最に床材を入れ替える時で十分です。

5:対処法と注意点

上記のような理由でハムスターはうんちを食べたりフンを飛ばしたりしますが、健康に害はないので基本的には暖かく見守るだけで大丈夫です。

ただし、一点だけ注意があります。

それは、うんちが口の中に溜まったままになっていないかどうかです。

犬はしつけで矯正するのが大半と先ほど書きましたが、傷んだうんちを食べると、当然健康に害が及びます。犬のフンはサイズも大きく乾燥していないので傷みやすいため、体を壊す前にしつけで止めるわけですね。

ハムスターの頬袋の中は体温で高温な上に多湿です。ずっとうんちが入っていると、うんちが傷む他、頬袋自体が炎症する場合があります。たまにハムスターに触って、頬袋を確認するようにしてください。

頬袋にずっと何か入っている場合や様子がおかしい場合、速めにお医者さんに連れて行くようにしましょう。

6:うんちを食べる・フンを投げる動画

たまたま撮っていた動画で食糞する瞬間を捉えた映像があるので、どうぞご覧ください!

ハムスター☆かわいい毛繕い♪(ジャンガリアンおもしろ動画)

7:まとめ

いかがでしたか?今回はハムスターがうんちを食べる理由と対処法について書きました!

忙しい人のためのまとめです!!
1:食糞行動は病気ではない
2:食糞行動は栄養摂取のため
3:離乳食にもなる
4:食糞行動は止めない。ただし、頬袋に注意!

以上です!!次回はハムスターの歯を切る・カットする3つの危険と正しい対処法です!お楽しみに!

ハムスターの冬の寒さ対策グッズ12選!おすすめヒーター!

hamster-cloth

ハムスターにとって冬の寒さは大敵です。年間を通して、特に注意が必要な季節がとなります。

寒さ対策を間違えると、健康に支障が出るだけではなく、擬似冬眠を経て最悪死に至ります。

そこで今回は、冬の寒さ対策について詳しく見ていきたいと思います。12種類の防寒グッズについて、画像や動画をご用意したので参考にして下さい。

忙しい方は、最後のまとめをご覧ください。それではスタートです!

2017年12月10日追記
・ダンボールを項目に追加しました。
・ハムスターと冬眠についてを別記事に分けました。




寒さ対策グッズを買う前に

寒さ対策には防寒グッズが必須ですが、グッズを購入する前に確認すべきことが3点あります。

それは、ハムスターの適温お住いの地域床材の確認です。

1:ハムスターの適温

ハムスターの夏の暑さ対策でも書きましたが、ハムスターの適温は20度~26度です。

夏は熱中症対策としていかにケージ内の温度を下げるかがポイントでしたが、冬の寒さ対策ではケージ内の温度を上げる必要があります。

適温よりも温度が下がってしまった場合、ハムスターは疑似冬眠に入ってしまい、最悪死に至ります。

危機的状況にならないために、まずは温度計を購入して、適温範囲になるように準備を始めましょう。

2:お住いの地域

次に、お住いの地域について考えます。お住いの地域によって気温が大きく異なるため、対策の度合いが変わります。

沖縄の場合気温が高いため、夏対策が最も難しい代わりに、冬対策は比較的楽です。また、意外と思われる方も多いですが、北海道も冬対策が比較的楽です。

北海道は家の構造が根本的に他の地域とは異なり冬に特化しているため、冬の家の中は基本的に暖かいです。こういった地域の場合、家の中での暖かい場所に置き、温度計を設置して、必要に応じてグッズを購入するようにしてください。ガチガチに防寒グッズで固める必要はない場合があります。

逆に注意が必要なのは、東北・北陸などの冷え込みが厳しい地域です。朝方部屋の中で息が白くなる地域は、寒さ対策を行わないと擬似冬眠まっしぐらなので注意してください。

もちろん他の地域でも、真冬になると室温が10度を下回ることがザラなので、室温には十分気をつけましょう。

3:床材

冬は温度を高く保つため、床材を厚めに敷くようにしましょう。目安は夏の倍くらい、ハムスターが潜ってすっぽり隠れられるくらいの厚さです。

私たち人間も、冬になると厚めの掛け布団を出したりしますね。それと一緒です。グッズを買い足す前の基本的な寒さ対策なので、忘れずに行いましょう。

以上がグッズを購入する前の確認事項3点です。

それでは、温度管理の方法について種類ごとに見ていきます。

エアコン・パネルヒーター・ドームヒーター・床置きヒーター・カイロ入れ・サーモスタッド・電球型ヒーター・電気毛布・電気アンカー・湯たんぽ・綿製品・ダンボールの12種類です!!

エアコンを活用しよう


温度管理の王様!説明不要のエアコンです。これを使えば温度管理もすぐに解決です!!

温度設定を20度~26度くらいにしておきましょう!暖かい地域の場合は、日中はタイマーでOFFにするのもありです!以上!

・・・というように書くのは簡単なんですが、おそらくこの記事を読んでいる方の大半は、エアコンを使った温度管理にはあまり興味がないのではないでしょうか?

なぜならば、エアコンをすでに使用している人は、おそらく検索で「ハムスター 冬」とか「ハムスター 寒さ対策」で検索をしないと思います。 エアコンはお金がかかります。お金と命を天秤にかけるのはおかしいという意見もありますが、それでもやはりお金を節約したいという気持ちは誰しも思うところでしょう。私もそう思います。

そんな方に私がお勧めするのは、次にあげるヒーターです。

ヒーターを活用しよう

一ヶ月つけっぱなしにしても電気代はジュース1本以下!!驚異的なコスパの小動物用ヒーターを個人的に強くおすすめします。

後述しますが、ヒーター以外の防寒グッズは、総じて手間がかかる割に、効果が微妙なものが多いです。手間暇かけてやっぱり駄目だった・・・となる前に、ヒーターの購入を検討してはいかがでしょうか?

とはいえヒーターの種類はかなりあるので、私がこれまで使用したヒーターを載せておきます。

パネルタイプヒーター

ピタリ適温プラス 1号 2号 3号 4号

現役バリバリで今も私が使用しているヒーターです。数ある床タイプのヒーターの中でも広範囲を温めることができ、維持コストも安く、個人的にはかなりおすすめです。号数によってサイズが異なります。自動温度制御、自己消火性機能付きで安心です。

補足すると、このヒーターには注意点があります。まず、このヒーターに直接ケージを載せると、床が温まりすぎる場合があります。これは販売サイトにも記載されている内容です。

え?じゃあどうやって使うの?という方、私の場合、ここで登場するのが100均一で大人気のすのこです。


100均で売っているすのこ。私はケージをすのこの上にいつも乗せています。足音の緩和、夏の暑さ対策、そして冬の寒さ対策に共通して使える100均のすのこ。かなり使えます!

すのこの下にヒーターを入れ、空間を開けてケージを温めます。この時、すのこの足がヒーターの保温部分に重ならないようにしています。ヒーターとケージに空間が開きますが、ケージ内は問題なく温まります。

ヒーターは、ケージ全体を暖めるのではなく、床の半分ほどを暖めるようにしてください。万が一床が温まり過ぎた時、ハムスターが自分で温度調整ができるよう、あえて冷たい床を残しておくことが大切です。

ダンボールや発泡スチロールを併用し、ケージの周りを囲うとさらに効果がアップします。そちらも是非試してみてください。動画も作成したので、購入を検討される方はどうぞご覧ください。

ドームタイプのヒーター

ケージ内に直接入れるドーム型のヒーターです。コスパもよく、商品単体の値段も安いため、以前使用していました。

設置は楽なのですが、電源をとるケーブルが難点で、ケージの種類によってはコードをどうやってケージ内に通すかが問題になります。金網ケージであれば問題ないと思いますが、それ以外のケージの場合、コードの処理に手こずるかもしれません。

また、温まるのはドーム内だけなので、外で動き回ることが難しいというところもネックです。

床置きタイプのヒーター

こちらはケージの内部に置くタイプのヒーターです。これもドームタイプと同様で、コードが邪魔なのと、面積が狭いことが難点です。お値段は安いので、何も暖房がない方は購入しても良いでしょう。

他の寒さ対策グッズ

カイロケース

ホッカイロを中に入れて一時的に温めるケースです。価格も非常に安いです。

半日程度であれば活躍してくれますが、毎日使うと考えると中のホッカイロを入れ替えないといけないので手間だと思います。移動中のケージ内で利用する分には良いかもしれません。

電気毛布

電気毛布をケージにかぶせる方がいらっしゃいます。寒さ対策として温度は問題ありませんが、窒息しないよう電気毛布で密閉しないように注意してください。必ず空気が通るようにしておきましょう。

また、ハムスターの臭いが電気毛布につきますので、自分用ではなくハムスター用の電気毛布を準備した方が良いです。

ペットボトルの湯たんぽ

ペットボトルにお湯を入れて暖をとります。お金はかかりませんが、長持ちしませんし、水漏れすると大変なので個人的にはあまりオススメしません。

電気アンカー

足を乗っける電気アンカーを、防寒グッズとして利用する人がいます。単純にケージを乗せると水平が保てないので、段差をうまく作ってから乗せましょう。ただし、ケージが不安定になるので、これも個人的にはあまりオススメしません。

サーモスタット

天井に設置するタイプのヒーターです。非常に効果はありますが、単価が高いのがネック。しっかりとした防寒をしたい方は試してみても良いでしょう。

電球型ヒーター

目に見えない赤外線でハムちゃんをあっためる優れもの。効果はありますが、単価がやや高いと場所を取るがネック。ちょっと変わった暖房を試して見たい人はいかがでしょうか?

綿製品

買ってはいけない危険なグッズでご紹介しましたが、綿製品は誤飲の可能性があり危険です。

綿製品を飲み込むと、腸閉塞などが起こる場合が有ります。購入は控えるようにしましょう。

ダンボール

ご要望があったのでダンボールについて追記します。実はダンボールはなかなかの優れものです。

暖かい空気は上に登っていきます。ダンボールを使ってケージを囲むことで、防寒グッズの効果を高め・維持することができるのです。

ビジュアル的にあまり可愛くないのが難点ですが、他のグッズとの併用すると効果的で、なんといってもコストがかからないので、是非試してみてください。なお、使用する際は、ダンボールで密閉しすぎないように注意しましょう。

まとめ

いかがでしたか?それでは今回のまとめです!!

・ハムスターは10度以下になると危険!
・小動物用ヒーターがおすすめ!

冬を乗り切ると、ハムスターを飼いやすい春がやってきます! しっかり寒さ対策を行いましょう!!

今回はここまで。次回はハムスターにお風呂・入浴は必要?水・お湯・砂浴びどれが良い?です!どうぞご覧ください!