ハムスター用ゼリーの与え方!水分・量・おすすめ商品!

hamster-jelly

ハムスター用のおやつとして様々なものが販売されていますが、その中でも特に食べている姿が可愛いのがゼリーです。

みなさんもゼリーをおやつとして食べたときがあると思いますが、ハムスター・小動物用のゼリーが販売されていることはご存知でしょうか?

夏の水分・栄養補給にもぴったりなゼリーですが、水分・糖分が多いため、与え方には注意が必要です。

今回は、ハムスター用ゼリーについて詳しくみていきましょう。




ハムスター用ゼリーの水分と栄養について

hamster-jelly2
ゼリーは水をゼラチンで固めたものになりますので、水分の含有量は70%~85%位のものが多く、ほとんど水でできています。

そのため、夏の水分補給などにはぴったりですが、与えすぎると下痢になる場合があり、与え方には注意が必要な食材です。

また、水分に加えて各種栄養が添加されており、以下のような栄養が含まれています。(商品によって栄養は異なります。)

グルコース、オリゴ糖、ビタミン、トレハース、アミノ酸、鉄分。

栄養価が高いため、エネルギー補給や体力回復に効果があると書かれている商品が多いです。

ハムスター用ゼリーの量について

ハムスター用のゼリーの多くは、カップごとにゼリーが入っており、だいたい15g程度の量です。

一度にカップ丸ごとのゼリーを与えても食べ切れませんので、与える場合はカップからゼリーを出し、1/4~1/2くらいの量を与えるようにしましょう。

1/4というと3~4g程度なので非常に少なく感じますが、ハムスターの体重と比べると、ゼリーの15gがどのくらい多いかが良くわかります。

・ジャンガリアンハムスターの体重:30g~40g
・ロボロフスキーハムスターの体重:20g~30g
・ゴールデンハムスターの体重:80g~120g

ジャンガリアンハムスターの場合、1カップをそのまま与えると、自分の体重の半分程度の量となります。

私たちに置き換えると、60kgの人の場合で30kgのゼリーを食べることになります。はい、もちろん食べきれるわけがありません。

与えるは、ほんの少しで十分です。

ハムスター用ゼリーの与え方

ハムスターにゼリーを与える際、量以外にも注意すべき点があります。

ゼリーを細かくする

大分昔になりますが、大変人気のあったゼリーを食べた年配の方が、のどにつまらせて亡くなるという事故があったのをご存知でしょうか?

この事故は当事大きくニュースで報道されましたが、ハムスターでも同様の事故が起こる場合があります。

そのため、ハムスター用ゼリーはたくさんの商品が売られていますが、注意書きとして「スプーンなどで細かく潰してください」と書かれているものが多いです。

ゼリーは弾力性がありますので、よく噛まないで食べるとのどにつまる場合があります。ハムスターに与える場合は、スプーンなどで細かく刻んでから与えるようにしましょう。

あまったゼリーは捨てる

一度に与えきれずあまってしまったゼリーは捨てるようにしましょう。別の容器で保存して後日与えようとすると、品質が劣化してハムスターに悪影響を及ぼす場合があります。勿体がらないで捨ててください。

人間用のゼリーは与えない

人間用のゼリーは与えてはいけません。含まれている成分が人間向けとなっているので、ハムスターに与えるのはNGです。

下痢に注意

ハムスターと下痢の記事でも書きましたが、ハムスターにとって下痢は命に関わる重大な病気です。

ゼリーを与える際は必ず量に注意し、特に軟便の際は与えないようにしましょう。

これまでも繰り返し書いていますが、ハムスターの主食はあくまでもペレットです。ペレット以外は、おやつ感覚で一日に数g程度に抑えるようにしてください。



ハムスター用ゼリーのおすすめ商品

ハムスターにゼリーを上げた方はご存知かもしれませんが、ハムスター用ゼリーは固体によって好き嫌いが分かれます。

ゼリーを食べてくれない場合

ゼリーを気に入って良く食べてくれる子もいれば、全く見向きもしない子もいます。こればかりは与えてみるまで分かりません。

食べてくれない時は、無理に食べさせてもストレスを与えるだけですので諦めましょう。ゼリー以外にもおやつはたくさんあります。他の商品にチャレンジしてみてください。

もしくは、ゼリーには味がついているものがあるので、別の味にチャレンジするのも良いでしょう。

おすすめのゼリー

私がおすすめしたいのは、値段が安く、店舗においてある確率も高い、マルカン グルメゼリーです。

こちらは200円~300円台ですので、もし食べてくれなくても値段が安いため、お財布のダメージも少ないでしょう。店頭でよく見かけるので、ついでに買いやすいと言う点もメリットです。

もし気に入って食べてくれるようなら、栄養素がアップしたPRO用もありますので、そちらも試してみてください。

また、ハムスターベテラン勢の皆さんは、着色料が嫌いな方もいらっしゃいます。マルカン製のゼリーをおすすめしない方も事実いらっしゃいます。

その場合は、SANKOのアクアゼリーはいかがでしょうか?

こちらはより健康志向のゼリーです。値段も200円~400円ですので、マルカンを避けるのであればおすすめです。

ハムスターがゼリーを食べる動画

最後に、実際にハムスターがゼリーを食べる動画を載せておきます。


こちらは2016年に撮影したものです。字幕やコメント欄にも書きましたが、こちらの動画は数日に分けて撮影をしています。真似をして一度に大量に与えないようにしてください。

また、動画栄えを考えてゼリーをそのまま与えてますが、上記したように本来は細かく与えるのが正しい与え方です。撮影の際も、すごく注意しながら与えていました。

注意事項ばかり書きましたが、ゼリーを食べる姿はとても可愛らしいので、ぜひ皆さんもあげてみてください。

まとめ

いかがでしたか?今回はハムスター用ゼリーについて書いてきました。

今回のまとめです!!

1:ゼリーの水分は70~85%
2:与える量は1カップの1/4~1/2
3:栄養は豊富
4:下痢に注意
5:与える際は、細かく砕く
6:余ったゼリーは捨てる
7:おすすめはマルカンかSANKO

以上です!!また次回の記事でお会いしましょう!!

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

SNSでもご購読できます。

コメントを残す