ハムスターが夜うるさい時の騒音対策!回し車・噛む音・給水器

noisy-hamster

ハムスターを飼っていると、一度は思うことがあります。

それは、ハムスターが夜活動する音がうるさいということです。

私も10年以上ハムスターを飼ってきましたが、度々そう思った時があります。

おそらく、同じ悩みを感じている方が多いのではないでしょうか?

今回は、ハムスターが夜うるさい時の騒音対策について詳しく見ていきましょう。



ハムスターが夜うるさい原因

ハムスターは夜行性の生き物です。日中よりも夜間に元気良く活動します。

ですが、ハムスターは犬やネコと違い、普段鳴く事はほとんどありません。

ハムスターが鳴く時は、ストレスを感じている時か、危機に陥っている場合です。

そのため、夜うるさいと感じる時は、ハムスターが活動する際の物理的な騒音によるものがほとんどです。

具体的には、回し車を走る音、グッズやケージを噛む音、給水器の音、ケージ自体の振動音などです。

ハムスター自体がうるさいのではなく、ハムスターの活動音がうるさいのです。

夜ハムスターがうるさいと思う方は、まずは飼育用品のチェックをしてみましょう。

今回の記事では、原因の元となる飼育用品ごとに対策をしていきます。まずは相談が一番多い回し車です。

回し車がうるさい時の騒音対策

silent-wheel
頻繁に発生する一番の騒音は、回し車です。

安い回し車やケージにセットでついてくる回し車の場合、カラカラ、カタカタという音が鳴る時があります。

その場合は、回し車でよく使われる三晃商会のサイレントホイールを使用しましょう。

・・・という内容は、他サイトや飼育書でよく書かれている内容です。そんなことはハムスターを飼っている人はほとんど知っているでしょう。

この記事では、既にサイレントホイールを使用している前提で説明を進めます。

なぜならば、サイレントホイールを購入したからといって、回し車の騒音が全て解決するわけでは無いからです。

サイレントホイールの音

サイレントホイールを使用した場合、異常がない場合とても静かです。

「スー」又は「サー」という音のみで、同室であってもそこまで気になりません。(完全に無音という訳ではありません。)

ただし、サイレントホイールでも次のような場合は音が鳴ります。

ベアリングの軸がぶれている

ホイールにはベアリングがあります。ホイールと土台を接合する部分、ここです。
silent-wheel-bearing

このベアリングが正常でない場合、ホイールの回転軸に歪みが生じ、カラカラという騒音が発生します。

日中では気になりませんが、夜寝ようとする際にこの音が発生すると、非常に耳障りです。

ベアリングに異常が起きている場合、以下の確認しましょう。

ベアリングを接合しなおす

ベアリングを固定する際、真っ直ぐに接合できない場合回転の軸がぶれ、騒音が発生する場合があります。

一度ホイールを組み立てなおして、回転が正常かどうか確認しましょう。

ベアリングのすべりを直す

サイレントホイールの説明書にも書いてありますが、ホイールを水洗いする際に、ベアリングを外さないで洗ってしまうと、ベアリングの油分がなくなりすべりが悪くなります。

ベアリングを素手で回転させて、すべりを確認してみましょう。

回転が悪い場合、ハムスターが夜回し車を回す際に騒音が発生する場合があります。その場合はベアリングに油を差し、回転を良くすることで改善します。

なお、他のサイトでおすすめされているような食用油を使用すると、ベアリングが酸化し逆に異常が発生する場合があります。

また、シリコンスプレーなどの工業用油の場合、ハムスターが舐めてしまと危険です。

工業油よりは食用油の方が良いと思いますが、できればベアリングの油分が落ちた場合は、買いなおすことをおすすめします。

初期不良の場合は交換する

私の経験上、サイレントホイールには外れがあります。

購入したてなのに、ホイールの回転軸がぶれているのです。慣れてくれば、手で回しただけで違和感に気付ける様になります。

そのような場合、メーカーに送って交換してもらいましょう。

あくまでも私の感覚値ですが、1/5くらいの確率で外れが出ます。異音が出なければまだ良いのですが、本当に酷い場合は使用を控え、すぐに交換するようにしましょう。。

サイレントホイールの振動音

ベアリングが正常でも、本体自体が揺れてケージの床や壁に当たり、カタカタという音が発生する場合があります。

サイレントホイールは軸を安定させるだけなので、本体の振動音・接触音までは消せません。

このような場合、以下の方法で騒音を軽減できます。

壁に固定する

床や壁に当たって騒音が発生する場合、壁にホイールを固定することで接触音をなくすことができます。

水槽ケージでは難しいですが、それ以外のケージを使用している場合は、工夫次第でホイールを壁に固定することができます。

壁に固定するのが手間な方は、最初からサイレントホイールが固定されているタイプのケージも販売されています。検討してみてください。

床に固定する

床とサイレントホイールをテープなどで固定し、ぶれによる接触音を軽減させることができます。テープがハムスターに触れないよう十分注意して固定してください。

床材を厚く敷き、その上に乗せる

私は水槽でハムスターを飼っていた時があります。

壁に回し車を固定することもできず、床に固定するのもテープが外れた場合危険なのでどうしようかと迷いました。

その時とった方法は、床材を厚く敷き、その上に置く方法です。足場部分を床材に埋めつつ、かつ水槽の床に接触しない程度にしました。

床材を厚くしけば、ケージの底に当たることはほぼありません。

以上が回し車の騒音対策です。なお、うるさいからといって回し車をケージから外すのは、対策として愚策です。

ハムスターは夜中に1キロ以上走ります。ケージを広くしたから回し車は要らないという方、その考え方は危険と言わざるを得ません。

擬似的にですが、回し車があれば真っ直ぐにどこまでも走る環境が作れます。必ず回し車はケージ内に設置するようにしましょう。

回し車の対策をしても、まだまだ騒音は発生します。次はケージを噛む音です。

ケージを噛む音がうるさい時の騒音対策

ハムスターの性格によっては、物をよく噛む子がいます。

木製のグッズであればそこまでうるさくないのですが、特にうるさく聞こえるのはケージを噛む音です。

金網ケージを噛む場合

夜ケージを噛む音が気になる方の大半は、金網ケージを使っていると思います。

金網ケージの場合、ハムスターが歯を当てやすいため、一晩中齧る事があります。

金網ケージを噛むと、カンカン・キンキン・キシキシといった音が出ます。

噛み癖の原因と直す方法は別記事でまとめたいと思いますが、間違いない解決法としては、金網ケージをやめることです。

ストレス・ケージの狭さ・歯の伸びなどの噛み癖の要素を徹底的に取り除いたとしても、金網ケージを使用する限りこの音は発生します。

金網ケージの記事でも書きましたが、金網ケージにプラ板を張ったり、下敷きをはさんだり、色々対策をした時が私もあります。が、それでは根本的な解決になりません。

そもそも金属をハムスターが噛める状況が良くないのです。金網ケージの記事でも書きましたが、金網ケージは本当におすすめしません。

音が気になる方は、ハムスターが噛む事ができないケージを使うことをおすすめします。

他のケージを噛む場合

プラケースなどを使用していても、隙間があるとそこから歯を入れてケージを噛む場合があります。

その場合は、ケージを交換するか、隙間を他のグッズで塞いだりして、ハムスターが噛むことを諦めるようにしてください。

しばらくは隙間を噛みに来ますが、噛むこと自体が不可能だと理解すると、その隙間を齧ること自体を諦めます

ハムスターは物を覚えるので、一度諦めるとその隙間は狙わなくなります。根気よく噛み癖を直していきましょう。

以上がケージを噛む音の対策です。

次に、給水器についてみていきましょう。

給水器がうるさい時の騒音対策

回し車やケージに問題ないのに、それでもなぜかカチャカチャ・コンコン音がするという方。ひょっとしたら給水器かもしれません。

給水器の騒音は主に2つあります。

水を飲むときの音


飲み口にステンレス製のボールがあり、それを押すと水が出る給水器の場合、ハムスターが水を飲む際にカチャカチャという音が出ます。上の画像がステンレスボール部分です。

ハムスターは一度に大量の水は飲みませんが、夜中活発に動くため、給水するペースはそれなりに早いです。

もし音が気になる方は、ステンレスボールの無い、ガラス筒製の給水器を使用することをおすすめします。

給水器が床や壁にあたる音

吊り下げ型や床置き型の給水器の場合、ハムスターが給水器に接触することで床や壁にあたり、コンコンという音が出ます。

壁際に吊り下げ方を設置すると、場合によっては夜中コンコン音が鳴ることもあるでしょう。実際私はそういう状況になった時があります(苦笑)。

その場合おすすめなのが、壁に設置する給水機です。吸盤型が種類も豊富で扱いやすいでしょう。

音が気になる方は給水器の交換も検討してください。

ケージの振動音対策

生き物を飼う以上、どのように対策を講じても音は発生するものです。

ですがハムスターの場合、飼育するスペースが小さいため、ケージ全体に対策を講じることはできます。

振動音を消すために、ケージの下に100均で売っているコルクボードすのこを敷いてみるのも良いでしょう。

私は他の器具による温度調整も加味して、ケージ下にすのこを敷いてます。

ケージ自体の振動音も無くなる上、飼い主の足音や振動もハムスターに伝わり辛くなります。100均を使えばお金もかかりませんので、ぜひ試してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はハムスターが夜うるさい時の騒音対策を見てきました。

今回のまとめです!

1:うるさいときはグッズを確認する
2:回し車はサイレントホイールを使うのが常識
3:サイレントホイールは、ベアリングと振動音に分けて騒音対策をする
4:ケージを噛む場合は、ハムスターが噛めないケージに変える
5:給水器はステンレスボール製を避け、壁に設置する。
6:ケージの下にマットやすのこを敷く

最後になりますが、騒音対策を徹底しても、ハムスターの音を完全に消せる訳ではありません。

音が聞こえるデメリットばかり書いてきましたが、メリットもあります。それは、ハムスターの安否確認になるということです。

ある程度の音であれば、今日もうちの子は元気だなぁ!良かった良かった。と言う様に、大きな心で許容してあげてください。

長文にお付き合いいただきありがとうございました!!

また次回の記事にご期待下さい!!

特化型ブログの記事数とアクセス数報告!ペットブログ実践記

hamster-specialized-blog

こちらのブログ「ハムスター友の会」は、ハムスターに関する情報記事のみ公開しています。

いわゆる特化型ブログと呼ばれるものです。今回はブログの運営報告となります。

先月の数値を確認したところ、めでたく月間1万PVを達成しました!ありがとうございます!徐々に見てくださる人が増えてきて嬉しいです!

私の文章やSEOがすごいということではなく、それだけハムスターが皆さんに愛されている証拠だと思います。

それでは、ブログの記事数とアクセス数について見ていきましょう。特化型ブログを作りたいという方も参考にしてください。



特化型ブログの記事数について

blog-pc
今回の記事を含め、ハムスター友の会には39記事投稿されています。

内36記事がハムスターに関する記事、3つがブログの運営報告です。さらに詳しく見ていきましょう。

ブログの運営期間

2017年1月に立ち上げたハムスター友の会ブログは、現時点で1年2ヶ月経過しています。

マイペースに投稿していますので、特に飽きることもめげることもありませんでした。毎日無理に上げようとすると、おそらくモチベーションが続かないと思います。

記事の投稿ペース

39記事の投稿ですので、1ヶ月で2~3記事ほどの投稿ペースです。少ないと思われる方が大半だと思います。

私は投稿数よりも記事のクオリティを大切にしています。そのため、ほとんどの記事が3000文字程度の長文です。ハムスターに関する1テーマを1記事で説明すると、どうしても長文になってしまいます。

最初から週1更新を目標にしているので、52記事は投稿したかったです。少し更新が足りなかったかなと反省しています。2018年はペースを上げていきたいですね。

記事の投稿文字数

いい機会なので、1記事あたりの平均投稿文字数を出してみました。

リライトを最近かけているので変動はありますが、1記事平均2500文字のようです。やっぱり結構長めですね。

もちろん、これくらいの文章を毎日投稿できていれば、2ヶ月くらいで達成できたかもしれません。ですが、専業ブロガーでない限り厳しいのではないのかな?と感じました。

無理に毎日上げようとすると、雑な文章になるか、中途半端な記事になってしまう気がします。焦らずにこれからもしっかりとした記事を投稿していきたいです。

記事の内容はこれくらいにして、次はアクセス数をみていきましょう。

特化型ブログのアクセス数

blog-access
前回アクセス報告させていただいたのが2017年10月でした。詳しくは月間5000PV達成!の記事をご覧ください。

それでは、2018年1月のアクセス数について見ていきましょう。

PV数

月間で約12000pvでした。初めて1万を超えることができました。前回の報告から約4ヶ月間で2.5倍になった計算です。

個人的には目標としていた数字なので、嬉しく感じています。

UU数

約7000人でした。こちらもPV数と同じく大きく伸びました。

複数ページを見てくれる方が多いようで、もっともっと色々な情報を書いていきたいです。

収益

ようやくレンタルサーバー代とトントンくらいになりました。収益化の知識がないので、ここはもっと勉強する必要がありそうです。

特化型ブログは稼げないという方もいますが、そんなことは全くないと思います。

ただし、収益性を考えるのであれば、ジャンルはよく考えた方が良いと思います。

特化型ブログのジャンル選びについて

1年ほど特化型ブログを運用してみて感じたことは、特化型ブログのジャンルは、自分が好きな事で、知識が豊富なジャンルにするべきだと思います。

当たり前のことですが、なかなか難しいんですよね。1記事で2000文字か3000文字スラスラかける大好きなジャンルって皆さんありますか?

もしあるのであれば、それをテーマにしたジャンルのブログを始めることをおすすめします。とはいえ、次の内容は考慮しておくべきでしょう。

特化型ブログの欠点

特化型ブログの欠点は、ネタ切れが早いということです。限られたジャンルなので、書くことが早々に無くなる場合があります。ネタ切れを起こさないようなテーマを選ぶといいかもしれません。

とはいえ私の場合はまだまだ書きたいことが山ほどあります。Twitterなどで相談を受けるので、しっかり答えなくてはいけないことが多々あるのです。

ハムスターは他のペットよりも飼いやすいので、知識がないまま購入される方が大勢います。私もそうでした。

これからもしっかりとした記事を書いていきたいと思います。

特化型ブログの収益化

もしあなたが特化型ブログで稼ぎたいのであれば、ブログを作る前に、ライバルが居ないかどうか、アフィリエイト案件が豊富かどうかを調べておくべきでしょう。

ライバルがすでに大勢いて、アフィリエイト案件も少ないのであれば、そのジャンルはおすすめしません。

ちなみに、ハムスターのアフィリエイト案件はほぼ0です。稼ぎたいだけの方はおすすめしません。

そういう目的でペットブログを始めたい方は、ライバルサイトは多いですが、犬か猫のブログをおすすめします。

雑記ブログについて

雑記ブログというジャンルもあります。テーマを絞っていないごちゃ混ぜブログです。

一般的には雑記ブログの方が多いのですが、とても私では運用できません。というよりも、おそらくモチベーションが続かないでしょう。

私の場合は、お金が欲しいということがブログの出発点ではなく、10年以上続けているハムスター友の会の活動の延長線上にブログがありました。ハムスターの正しい情報を発信する、ハムスター界を底上げすることこそがモチベーションです。

こちらのブログには広告が貼ってありますが、収入はハムスターグッズのレビューに注ぎ込む予定です。

まだサーバー代とトントンくらいですが、いずれはレビューしてほしい商品の募集などもしてみたいですね。ハムスターグッズも種類が豊富ですから、やりがいがありそうです。

よく見られている記事

最後に、前回も報告したよく見られている記事を3つあげたいと思います。

ハムスターの疑似冬眠!起こし方・死亡の見分け方・回復時間と原因
こちらは最近書いた記事ですが、疑似冬眠で困っている方が多いようでよく見られています。今年は寒いですからね。十分気をつけてください。

ハムスタケージ内のレイアウト!守るべき5個のグッズ配置
前回から引き続き、こちらの記事もよく見られています。グッズ配置は大切です。トイレを覚えてくれるとお世話がかなり楽になります。

ハムスターが風邪をひいた時の症状と治し方・予防法
ハムスターの風邪についてまとめた記事です。こちらも冬眠と同じく、季節柄よく見られているのでしょう。風邪やインフルエンザには十分気をつけてください。

まとめ

久しぶりのブログ運営報告でしたが、いかがでしたか?

今回のまとめです!

・記事数は39記事
・アクセスは約12000PV
・特化型のジャンルは自分が好きで知識が豊富な事を選ぶ
・ネタ切れ・収益化に注意

以上です!!

次は30000PVを達成したら報告したいと思います!ご期待下さい!