ハムスターの飼い始め!初日から1週間の注意点【6個】

hamster-blanket

ハムスターをペットショップで購入した後、紙箱に入ったハムスターを渡された時からあなたのハムスターライフが始まります。

念願のハムスターが家にやってくるのですから、ドキドキ・ワクワク感でいっぱいだと思います!

でもちょっと待ってください。ハムスターの飼い始めは注意が必要だということをご存知ですか?対応を誤ると、ハムスターが懐かなかったり、最悪すぐに死んでしまうこともあります。

今回は、ハムスターの飼い始め、特に初日から1週間の注意点についてみていきましょう。




ペットショップから家への運搬上の注意点

ペットショップでハムスターを手渡された時、きっとあなたはハムスターが紙箱の中で動いているのを感じているはずです。

ハムスターの目線で考えると、いきなり真っ暗で小さな箱の中に入れられるのですから、周りの様子が気になって仕方ありません。急激な環境の変化でストレスも感じていることでしょう。そのため、ハムスターを渡されたら可及的速やかに家に戻ってください。寄り道はしないようにしましょう。

また、子ハムは体も小さく大人ハムよりもデリケートです。家へ運ぶ際は上下左右に極力揺らさないようにしましょう。できれば車で運ぶことをおすすめします。徒歩だとどうしても揺れが発生するので注意してください。また、ハムスターは音にも敏感なので、騒音は避けて家に向かってください。

ケージ準備の注意点

家に着いたら、できるだけ早くケージへハムスターを移しましょう。ケージの準備ができている場合とできていない場合で対応が異なります。

事前にケージの準備ができている場合

すでにケージ・グッズの組み立て・清掃ができている場合は、ハムスターをケージに移す前に一手間加えます。

ペットショップでハムスターを買った時に、そのハムスターが入っていたケージの床材トイレ砂をもらうようにしてください。ハムスターの匂いがする古い物です。お願いすればほとんどの店で無料で分けてくれるはずです。

ハムスターは自分の縄張りを臭いで覚えています。もらってきた古い床材を巣箱部分に、古いトイレ砂をトイレに入れます。こうすることで、初めて入るケージのストレスを軽減することができ、かつ巣箱とトイレの位置を最初から覚えてくれる確率がグンと上がります。これをやるのとやらないのでは雲泥の差です。飼育書にもあまり書いていないテクニックですので、ぜひ試してみてください。

ケージの準備ができていない場合

ケージの準備が事前にできていることが望ましいですが、ハムスターと一緒にケージを買った方はまだ準備ができていないと思います。

ハムスターを移す前に速やかにケージを清掃・組み立てし、新しい床材を敷き詰めてください。床材を敷いたら、グッズを配置しましょう。グッズの配置が分からない方はハムスターケージ内のレイアウト記事で確認してみてください。もちろん、巣箱とトイレにはペットショップで使用していた匂いつきの古い床材と砂を混ぜておくようにしましょう。

ケージへ移す際は強引に出さない

ケージの準備ができたらハムスターをケージへ移します。ここも注意が必要です。

ハムスターは個体の性格が非常に異なります。臆病なハムスターを選んできた場合、紙箱からケージの中になかなか出てきてくれません。そんな時は、自分で出てくるまで気長に待ってあげてください。

箱を傾けたり、振ったりすると「ギー!」と鳴き声をあげて嫌がる子がいます。ハムスターの目線で考えて見てください。いきなり真っ暗な部屋に入れられたと思ったら揺れるわ傾くわ!ストレスもたまりますよね!ですので、自分からケージに出てくるまでゆっくり待ちましょう。

ちなみに私は、最大で30分ほど紙箱からハムスターが出てくるのをただひたすら待った時があります。活発な子だとすぐに出てきますが、警戒心の強い子はなかなか出てこないので辛抱強く待ちましょう。

ハムスターに触らない

ケージにハムスターが入ったら、紙箱をケージの外に出します。ここで注意!ハムスターには触らないようにしましょう。

新しい家にやってきたハムスターは、警戒心MAXです。可愛いので触りたい気持ちは十分お察ししますが、ぐっとこらえてください。

飼い主に慣れていない状態で触ると、警戒されて敵だと思われる可能性があります。ここで触るのは本当におすすめしません。最悪噛まれます。触るのはもう少し後の話です。

ケージを覗き込まない

準備ができたら、ケージを置き場所に持っていきます。置き場所を決めていない方は、ケージの置き場所の記事で確認してください。

置き場所にケージを設置したら、後は極力ケージをき込まないようにしましょう。ハムスターは人の目線を気にします。向こうが興味を持つまで、極力関与しないことが重要です。

特にハムスターを飼った時がない人は、初日からいきなり触って遊び始めたり、いつまでも眺めていたりします。お気持ちは十分理解できますが、ハムスターにとってはストレス以外の何物でもないので、初日から1週間はできるだけそっとしておいてあげるようにしてください。

ハムスターは夜行性なので、日中覗き込んだりしても巣箱の中に入っていたり床材に潜っていたりして姿を見かけない時が多いかもしれません。無理に探そうとせず、そっとしておきましょう。

生死が不安な場合はエサの量で判断するか、活発に動く夜中にこっそり覗き込んで確認すると良いと思います。

餌・水のあげ方

ハムスターが寝ている間、もしくはハムスターが気づかないうちにそっと餌をケージに入れてあげましょう。

あげる餌はペレットです。ハムスターの食事の基本はペレットです。ひまわりの種や野菜などの餌や、手渡しでの餌付けはもう少し後の話です。水の交換は1日1度は行い、新鮮なお水を毎日あげてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ここまでの内容を1行でまとめると、初日から1週間にかけては、極力そっとしておくことが大切です!構いすぎないように注意してください!

次の記事は、ハムスターがうんちを食べる・フンを投げる3つの理由と対処法です!お楽しみに☆

ハムスターがキャベツを食べるかわいい画像5選

kinkuma-eat-cabbage

皆さんこんにちは!管理人のMOKOです。今回はハムスターの画像紹介です!

暑い日が続いているので、水分補給にもぴったりなキャベツを食べているハムスター画像を紹介します!Twitterのフォロワーさんからいただいた画像の中から5枚ピックアップしてお届け♪

ちなみに、キャベツの与え方や量には注意が必要なので、そちらについてはハムスターの飼い方カテゴリーで詳しく書きたいと思います。それでは早速いってみましょう!!




キャベツをかじるジャンガリアンハムスター


フォロワーのみっくんさんからいただきました!お名前はプリン君だそうです!

まんまるになってとても可愛くキャベツを齧っています♪小さいお手手でしっかり持っている様子もプリティーですね☆

カメラ目線もばっちり!なかなか真正面から撮るのが難しいので、非常に綺麗に撮れている一枚だと思います♪

キャベツを食べるパールホワイトジャンガリアン


フォロワーのどらみさんからいただきました!お名前はおもちちゃんだそうです♪

一生懸命食べてますね!こちらもしっかりとキャベツを握っています!キャベツが大きく見えますが、これくらいの量ならすぐに頬袋にしまってしまうでしょう。後ろの小屋と合わせてとっても可愛い一枚です。

キャベツを手渡し


フォロワーのBULLさんからいただきました!手渡しでキャベツをあげてます♪ケージ越しですが、すぐに食べ始めているようですね!

手渡しで餌をあげると飼い主になつきやすいのでおすすめです。ぜひ皆さんも手渡しでキャベツをあげてみてください。ハムスターも喜ぶと思います!

キャベツを丸呑みするキンクマハムスター




フォロワーのはぷまろんさんからいただきました。お名前はポピコちゃんだそうです!

詰め込む詰め込む!!一気に丸呑みです!!ハムスターの頬袋ってすごい膨らむんですよね!そんなにあせらなくても良いのに・・・と思いますが、こういう可愛い様子を見ているととても癒されます。

ちなみに頬袋に入れた餌は、巣に持ち帰ってゆっくり食べます。食べるペース配分ができるなんて、とても賢いですよね!

ラッコ食いするプディングハムスター


フォロワーのMIKUさんからいただきました!手の上で仰向きで食べてます♪通称ラッコ食いです!!

なかなかここまで懐かせるのは大変なので、MIKUさんすごいと思います!!こんな姿で食べてたら可愛くてずっと見てしまいそうですね♪

いかがでしたでしょうか?今回はキャベツを食べるハムスターの画像を5枚紹介しました!!

今後もフォロワーさんからいただいた画像を紹介したいと思います。また次回の画像紹介にご期待ください☆