ハムスターを衣装ケースで飼育するメリット・デメリット

ハムスターの飼い方ケージ選び2回目は衣装ケースです。

衣装ケース・自作などで検索すると、たくさんの画像や作り方が出てきます。実際、ハムスターを飼われている方で使用している人も多いです。

↓衣装ケースってこういうの

はい、普通の衣装ケースですね。押し入れや物置に服を収納するアレです。ハムスターを飼ったことがない人は、なんで衣装ケース?と思われるかもしれませんが、そこにいきつくには理由があり、いろんな苦悩があるんです!

衣装ケースの特徴を見ていきましょう!!

1:衣装ケースのメリット

・軽い
・安い
・大きい
・掃除が楽
・どこでも売ってる
・加工しやすい

軽い・安い・大きい!非常にわかりやすいメリットです。実際、金網ケージなどはジャンガリアン向けの物が多く、ゴールデンハムスターには窮屈な場合が多々あります。

金網ケージはダメだ!もっと広くて安全なケージはないものか?と、ハムスターを飼ってしばらく経つと考え始めます。はい、私もその一人でした。

水槽などを調べ、価格や重さに挫折し、衣装ケースにたどり着きます。これで良いんじゃないか?そう思いながらWEBで検索してみると、たくさんの使用例が。それなら安心!といった感じで衣装ケースでハムスターを飼う人が増える訳です。ええ、私も以前衣装ケースを使用していました。

衣装ケースは、大きめのスーパーやamazonなどでも購入でき、通常のケージではありえないくらいの大きさがあります。種類によってはローラーなども付いており運びやすい上に、複雑な構造をしていないため掃除も楽です。

金網ケージの記事でも書きましたが、ケージ選びでは重さがとても重要で(特に女性の方!)軽いということは非常に大きなメリットです。掃除をする際に重さの重要性を痛感すると思います。

また、衣装ケースは素材が柔らかいため加工がしやすく、オリジナルのケージを作れるといった魅力もあります。ネットでは加工の工程なども多く記載されており、楽しみながら衣装ケースを使用されている方も多いです。

ただ、そんなメリットいっぱいの衣装ケースですが、私は衣装ケースをあまりおすすめしません。(金網ケージよりはだいぶマシです。)

理由を次のデメリットでご説明します。

2:衣装ケースのデメリット

・脱走しやすい
・凹凸があるものがある
・蓋を乗せると窒息する(要空気穴)
・横からお世話できない
・半透明のため中が見づらい

衣装ケースについてWEBで検索しても、大したデメリットは出てきません。検索結果から安心される方も多いことでしょう。しかし私から言わせて貰えば、金網ケージとは違った意味でデメリットの多いケージなのです。

まず、衣装ケースのメリットでもある加工しやすいという点が災いし、衣装ケースに凹凸があると、そこから穴を開けて脱走します。凹凸がなくても、少しの傷から穴を広げ脱走します。

youtubeでも脱走癖のあるゴールデンハムスターと苦闘する動画などがありますが、まさしくそれです。ゴールデンハムスターのパワーでは、衣装ケースの壁くらい簡単に壊します。

脱走しづらいのがメリットであると記載されているWEBサイトもありますが、私はそうは思いません。確かにロボロフスキーやジャンガリアンであれば脱走はあまりないかもしれませんが、そもそも脱走を考慮するのであれば、柔らかい素材を選択すべきではありません。

また、床部分や側面に凹凸がある種類もあり、要注意です。脱走口になる他、老後のハムちゃんにとって凹凸はかなり辛い飼育環境になります。

天井部分についての問題もあります。ゴールデンハムスターの場合、天井を設置しないと脱走します。とはいえ、付属の蓋をそのままはめると窒息します。衣装ケースの改造でよくあるパターンとして、天井にバーベキュー用金網を設置する方がいます。確かに空気の通りはよく脱走もしませんが、金網ケージと一緒で怪我の元です。やめましょう。

金網ケージと違うデメリットとして、横からお世話できないと言う点もあります。ハムスターは上からくるものに対して恐怖心を覚えやすいです。鳥などの外敵をイメージするためですね。

そのため、金網ケージなどのように横からお世話するのが望ましいのですが、そういったことは衣装ケースではできません。自作で窓を作っている方が居ますが、作業がかなり大変みたいですね。

そして個人的に最大の問題は、半透明であるという点です。横から眺められない!撮影できない!!youtubeにアップできない!!これは非常に大きなデメリットです!

観察しづらいということは、異常にも気が付きづらく、万が一の時の対応も遅れます。上から見るのと横から見るのでは、怪我や脱毛の確認具合が全然違いますからね。

3:最後に

衣装ケースの特徴をまとめましたが、いかがだったでしょうか?衣装ケースは扱いが楽で広いので手を出しやすいのですが、飼育環境としては残念ながら微妙だと思ってます。

そもそもなんですけど、衣装ケースは生き物を飼うアイテムではありません。衣装を入れるケースです。用途が違いますので、工夫をする必要があるのは当たり前ですね。

とはいえ、金網ケージよりは大分良いですし、メリットが多いのも事実です。金網ケージほど、真っ向から否定するつもりはありません。あまりおすすめはしませんが、使用する際はよく考慮の上工夫をして使用してください。

今回はここまで!!

次回は水槽について見ていきます!

ハムスターを金網ケージで飼育するメリット・デメリット

さて、今回からハムスターの飼い方編に入ります。

皆さんに素敵なハムライフを送ってもらいたい!!そのために、Twitterやyoutubeで質問の多いハムスターの飼い方について書いていきたいと思います。

まずはハムスターを飼い始める前に、準備をしなければいけません。そう、非常に重要なケージ選びについて数回にわたって見ていきたいと思います。

今回は金網ケージについてです♪

↓金網ケージってこういうの

よくペットショップや通販などで見かけるのではないでしょうか?側面や天井が網状になっているケージです。

ハムスターのケージってこれのことを言うんでしょ?と思われている方も多いと思います。私もその一人でした。

それでは、金網ケージの特徴を見ていきましょう!!

1:金網ケージのメリット

・軽い
・安い
・分解できるので掃除が楽
・通気性が良い

軽い・安い・掃除がしやすく通気性も良いと3拍子そろっており、非常に人気のあるケージです。その扱いやすさから、ハムスターを買う際にセットで買うパターンが非常に多くなっています。

現に、そのお手軽さを理由に人気が高いため販売量も非常に多く、素敵なデザインのものも沢山あります。

ハムスターを飼ったことがあるベテランの皆さんならわかると思いますが、他のケージ(衣装ケース、水槽、爬虫類ケージ)の場合、重さや値段などが段違いのものが多いです。

ちなみに、最初はあまり考えないのですが、ケージの重さは重要です!!特に女性の皆さん、掃除するときのケージの上げ下げとか、結構地味に腕や腰にきますからね!!

ただ、そんな魅力的に見える金網ケージですが、はっきり言いましょう、私は金網ケージをおすすめしません理由は次のデメリットでご説明します。

2:金網ケージのデメリット

・怪我をしやすい
・金網をかじるため、歯が悪くなる
・脱毛する
・冬の温度管理が難しい

そう!!一言で言ってしまうとトラブルが発生しやすいんです。これはベテラン勢なら賛同してくれる方が多いと思います!いや、むしろ賛同してほしい!!

ハムちゃんが金網ケージの天井をうんていしている様子の動画があったりしますが極めて危険です。足を挟んだり、落下した際に骨折します!

また、金網は非常にかじりやすいため、金網ケージを使う限りは、ハムちゃんたちは金網を齧ります!歯を痛めるばかりか、最悪の場合折れます!

しかも、変なやり方(突っつく、息を吹きかける、大声を出して注意するなど)で金網を齧るのを無理に止めようとすると、ハムスターが飼い主を嫌いになる時があり、噛み癖が悪化する可能性まであります。

よく金網を噛んでしまって困ってます!という方がいますが、根本的な解決法はケージを変えるしかありません。

いえ、私もハムスターを初めて飼った時に金網ケージを使用した時があるので、皆さんの苦労がよくわかります。

四苦八苦しながらダンボールで塞いでみたり、クリアファイルや下敷きを挟んでみたり、齧り木を置いたりした時があるんです。ただ、どれも効果はありませんでした。

金網を齧り続けると、鼻の上が脱毛する時があります。それはそれはかわいそうなんです。皆さんにはこういう悲しい思いはして欲しくありません。

あと、金網ケージをおすすめする人の中には通気性が良い点を押してくる人がいますが、そもそも空気は対流しますので、蓋をして密閉するようなおかしな事をしない限りほぼ大丈夫です。

というよりも、ハムスターは汗をかかないため、風を当ててもストレスを与えるだけです。

さらに言うと、冬場の温度管理が難しく、そちらの方が個人的にはよほど大変だと思います。

3:最後に

それでもやっぱり金網ケージが良いと思う方は、最後にイメージしてください。

ペットショップでハムスターはどのようなケージで飼育されていますか?健康を保ち、綺麗なハムちゃん達を飼育・販売するプロの人達が使っているケージです。

そう、おわかりですね。ペットショップでは、ほとんどの場合金網ケージでハムスターを飼育していないはずです。十中八九、かなり大きめのアクリル水槽(アクリルケース)で飼育されていると思います。

このような理由から、個人的に金網ケージはおすすめしません!!

 

いかがでしたでしょうか?今回は金網ケージについて見ていきました。
次回は衣装ケースについて見ていきます!

キャンベルハムスターの特徴・値段・飼いやすさについて

ハムスターの種類まとめ第4回は「キャンベルハムスター」です。

飼っている人がいたら、かなりのハムスター通かも!?あまり聞き覚えのない方も多いのではないでしょうか?

↓キャンベルハムスターは、こんな感じの子です。

見た目はジャンガリアンに似ています!

では、特徴を見ていきましょう。

 

1:キャンベルハムスターの特徴(大きさ・重さ・寿命)

・サイズは7cm〜13cm。
・体重は30g〜40g。
・寿命は2〜3年

サイズに関しては、ほぼジャンガリアンと同じという認識でいいと思います。というよりも、ジャンガリアンと似過ぎて見分けがつかない!という方が多いです。キャンベル独特のカラーが多いので、そこで見分けた方がわかりやすいかもしれません。

youtubeなどでもあまりお目にかかることはないですが、外国ではジャンガリアンよりも人気の種類だったりするそうです。

2:キャンベルハムスターの特徴(性格)

・ハムスターの中でも、やや人になつきにくい。
・トイレの覚えは個体差と環境による。
・活発。
・やや臆病。
・噛み癖がある子が多い。

 

ジャンガリアンと姿は似てますが、性格は少しことなります。やや人になつきずらく、トイレの覚えも個体差が大きいです。

活発な性格ですが、臆病な面もあり、慣れていないと噛んでくることもしばしば。とはいえ、基本ジャンガリアンと大きな差はそこまでないと思います。

ジャンガリアンの飼育になれた方であればオススメです。

とはいえ、性格については個体差が大きいので、上記の特徴は、あくまで傾向としてとらえてください。

3:キャンベルハムスターの特徴(値段・色)

カラーはめちゃくちゃ豊富!!ノーマル、イエロー、ブラック、チョコレートなどに加え、赤目の子までいます!!
・値段は2000円〜5000円ほど。ロボロフスキーと同様に、他の種類と比べて高く、レアな子はさらに高いです。

ノーマルの子を含め、お店ではあまり見かけません。日本ではジャンガリアンの方が圧倒的に人気で、お店でも多くみかけます。

カラーの多さは随一!!個人的には「ブラック」が好きです!真っ黒なハムスターといえばキャンベルでしょう!かっこいい+かわいい=最強です(笑)

 

4:キャンベルハムスターの特徴(その他)

・飼育グッズが多い。
・飼っている人が少ない。

ジャンガリアンの飼育グッズを転用できるため、飼育グッズの購入には困りません。というよりもそもそも、ジャンガリアンとキャンベルのサイズはほぼ変わりません。

とはいえジャンガリアンと比べて飼っている人が少ないため、相談できる相手がいなかったり、そもそもお店にいなかったりもします。

赤目の子やレアな色は、お店ではあまりお目にかかれません。見かけたらラッキーです!!

 

5:キャンベルハムスターの飼いやすさ

上記を踏まえ、ロボロフスキーハムスターの飼いやすさは「やや飼いやすい」と思います。ジャンガリアンの方が多く飼育されている日本では、そちらの方が飼いやすいと言えるでしょう。

とはいえ、魅力的なカラーが豊富なキャンベルですので、一目惚れしたらトライしてもいいと思います!

いかがだったでしょうか?今回はキャンベルハムスターについて簡単にまとめてみました!!良いね!と思った方は、ぜひブックマークをお願いします♪

ハムスターを飼い始める時の参考にしてみてください!!

6:最後に

今回でハムスターの特徴まとめは一旦終了です。他の種類はややマニアックなのでここで一旦ストップします。

リクエストがあれば別の種類もまとめたいと思いますのでコメントください!!

最後に飼いやすさをまとめます。あくまでも個人的な感想です。

ゴールデンハムスター>ジャンガリアンハムスター>キャンベルハムスター>ロボロフスキーハムスター

私としては、やっぱりハムスターと一緒に遊びたいのです!!手乗りにしたいのです!!!その観点で見ると、やはりロボロフスキーは少し難しい気がしています。

次の更新からは、Twitterやyoutubeからのご質問に答えていきたいと思います♪

最初はハムスターケージの選び方についてです♪ご期待ください!