ハムスターの夏の暑さ対策!エアコン・保冷剤・グッズ活用術

みなさんこんにちは、管理人のMOKOです。

夏も真っ盛り!暑い日が続いていますね。ハムスターは暑さに弱く、この時期は体調を崩さないように工夫が必要です。

今回はTwitterなどでも質問が多いハムスターの夏の暑さ対策について見ていきたいと思います。




ハムスターの適温は?

暑さ対策をする前に、前提知識としてハムスターの適温を確認しましょう。

ハムスターにとっての適温は20~26度と言われています。ほぼ人間と一緒です。私たちが半袖で快適に過ごせるくらいの温度がちょうど良い温度でしょう。

夏の締め切った部屋は30度以上に簡単に達するため、温度管理が必要になります。ちなみに30度を超えると、ハムスターが熱中症で死亡するリスクが増大しますので気をつけて下さい。

エアコンを活用しよう

夏の暑さ対策で真っ先に思いつくのがエアコンです。結論から言うと、エアコンを使った温度管理が一番間違いなく夏の暑さ対策をすることができます。

ケージの置き場所についての記事を以前書きましたが、ケージはエアコンのある部屋に置くのがベストです。理由は、夏の暑さ対策と冬の寒さ対策がエアコンでできるためで、これができるのとできないのでは大きな差があります。温度計を設置し、適温になっているかどうか確認してエアコンをかけておきましょう。

エアコンをつける際は、風が直接ケージ内に入らないように注意してください。ハムスターは汗をかかないので、風を当ててもストレスに感じるだけです。扇風機だけをつけてもほぼ意味はありません。

エアコンのタイマーを使おう

とはいえ、エアコンをつけっぱなしにすると電気代が大変・・・という方もいらっしゃいます。

命とお金を天秤にかけるのか!?という方ももちろんいらっしゃいますが、とはいえ年間にかかるお金を考えると少しでも節約したいという人もいるでしょう。そんな場合は、気温の上がる時間帯にエアコンのタイマーを利用してはいかがでしょうか?

オススメは午前10時~午後4時の6時間です。1/4日ですので電気代も節約できます。この時間帯が一番部屋の温度が上がり注意が必要です。西日が差し込む場合は、タイマーを切る時間を少し長めにとってもいいかもしれません。

保冷剤・ペットボトルを使おう

いやいや管理人さん、エアコンが効果的なのは知ってます。そうじゃなくて、エアコンに頼らない方法が知りたいんですよ!!!という方。お気持ちは十分お察しします。そういう場合は、保冷剤や凍らせたペットボトルを活用するのはいかがでしょうか?

やり方は簡単で、100均で売っている保冷剤や普通のペットボトルを冷凍庫でカチカチに凍らせて、ケージの上に置きます。冷気は下へ対流するので、ケージ内をある程度の時間冷やすことができます。

ケージの下に保冷剤を置く人もいますが、結露や対流を考えるとケージの上においた方が良いでしょう。ただしこの方法は、いくつか注意点があります。

タオルで巻く

凍ったものが溶けていく過程で結露が発生し、水が垂れます。ハムスターは過度な湿度を嫌うため、水が垂れないようにタオルを巻きましょう。

噛まれない場所に設置する

ペットボトルや保冷剤をハムスターが直接噛めないように設置しましょう。保冷剤やペットボトルを噛みちぎられると、ケージ内がどうなるか?想像しただけで大変ですね。たまにケージ内に置おいても大丈夫という記事を見かけますが、私としては怖すぎておすすめしません。

定期的に入れ替える

特にペットボトルの場合、毎日凍らせたりするとそのうち破損します。保冷剤の方が長持ちするのでおすすめです。破損しないように定期的に新しいものに入れ替えましょう。

実は私も以前このテクニックを使用していました。その際は、保冷剤を凍らせて、ステンレス製の板の上に置き、板ごとタオルで包んでケージの上に乗せていました。万が一保冷剤が破れてもステンレス製の板でケージの外へ保冷液を逃がすことができ、さらに熱伝導性の高いステンレス板を冷やすことで、ケージの広範囲を同時に冷やすことができます。

難しいように聞こえますが、100均で売ってるステンレスのお盆の上に置くだけです(笑)。オススメします。

とはいえこの方法は、真夏では約3時間程度しか効力を発揮しません。やってみるとわかるんですが、溶けるのが想像以上に早いんです。午前中を保冷剤でしのぎ、午後はエアコンといった併用をオススメします。

暑さ対策グッズを使おう

エアコンや保冷剤ほど効果はありませんが、ハムスターの暑さ対策グッズがたくさん売られています。

個別の商品についてはグッズレビューで書くので割愛しますが、カテゴリー毎に分類して簡単なレビューをして見たいと思います。

陶器製の巣箱

定番グッズです。木製やプラスチック製よりも冷たいので、ハムスターが多少寝やすくなります。根本的に温度を冷やすわけではないので、暑さ対策としては気休め程度だと考えてください。

ひんやりプレート・タイル系のグッズ

冷やして使う板です。タイルやステンレス、大理石などがあります。いろいろなハムスターに使用した実体験を書くと、好むハムスターと好まないハムスターがいます。気に入った子はタイルの上でお腹をぺったりくっつけて気持ちよさそうにしていますが、好まない子は上に全く乗らないどころか、床材に埋めます(笑)。せっかく買ったのにー!!と後悔するかもしれません。

試してみても良いかもしれませんが、意味のない買い物になる可能性があることを認識してから買いましょう。

ひんやりキューブ系のグッズ

上記プレートを、箱状・キューブ状にしたものです。木製の巣箱にそのまま入れられるものもあります。

これも上記と同様で、ハムスターによって好みが分かれるようです。使ってみてダメなら撤去してください。

いかがでしたでしょうか?今回は夏の暑さ対策についてまとめてみました!!

この夏を乗り越えると、飼いやすい季節の秋が訪れます!!工夫して夏を乗り越えてくださいね!!

次回の記事は、ハムスターの飼い始めの注意点!初日から1週間!です。お楽しみに!!

ハムスターの危険なグッズ!買ってはいけない飼育用品まとめ

ハムスターを飼育している、又は飼育するか検討している皆さんは、様々なハムスターの飼育用品・グッズをWEBで検索していると思います。

中にはとても可愛いグッズもあり、ついついあれもこれも購入してしまいがちですが、グッズの中にはハムスターに害のある危険な種類もあることをご存知でしょうか?

今回は、購入を避けるべき危険なハムスターグッズについて見ていきたいと思います!!




綿製品

冬場に活躍するグッズとして、綿でできたモコモコの暖房グッズが挙げられます。この手のグッズは種類も多く、ハムスターが中に入って顔を出すととても可愛いので人気もあります。最近では、ハムスターのお布団などもありますね!

しかしながら、綿でできた製品は非常に危険です!!!ハムスターの死因に「腸閉塞」があります。口に飲み込んだものが詰まって死んでしまうという死因ですが、綿製品が起因となることがとても多いです。

ハムスターはよくわからないものを見ると、匂いを嗅いだり噛んだりして確認します。綿製品をケージに入れると、グッズの中に入ったり、グッズを齧って巣材として家に持ち帰ったりします。齧った時にうっかり飲み込み、死んでしまうのです。

暖房グッズなら他にもあります。巣材は綿以外でも事足ります。ハムスターを大事にされるのであれば、綿製品の使用は避けるようにしてください。

ハムスターボール

こちらの記事の冒頭の画像のグッズ、見た時ありますか?ハムスターを中に入れてお散歩させるグッズ、通称「ハムスターボール」です。

見た目がとっても可愛い上に、中に入るハムスターも家具などにぶつからないという理由で散歩にぴったりと宣伝している業者もありますが・・・、購入しないでください!!!

中に入るハムスターにとってみれば、地獄以外の何物でもありません!

ハムスターは主に嗅覚・聴覚で周りを判断します。視覚はあまり発達していません。このハムスターボールは、それらの感覚器官を外界から遮断します。私たちで言えば、耳栓と目隠しをされた状態と同じです。そのような状態で、走り続けないと安定しない動く床の上に放り出されたとしたら?私たちだってパニックになりますよね!助けてくれ!!なんだこれは!みたいな感じです。

そう、ハムスターボールに入ったハムスターは、まさにパニック状態です!一生懸命走るのは、散歩で楽しいのではなく、脱出したいからです!!ハムスター友の会をご覧になっているハムメンの皆さんは、ぜひハムスターボールは購入せず、逆に購入しようとしている人がいたら止めてあげてください。危険なグッズの代表格です。

リード

犬のお散歩で良く見かけるリード。実はハムスターにもあります。首ではなく、胴体にまきつけるものです。

・・・これ、なんのためのグッズなんでしょうか?ハムスターはそもそも室外へ散歩に出したりしません。室内でハムスターを見失うと確かに困りますが、見失うのが心配であれば、お散歩用のリングサークルで仕切るなりなんなりすれば良い話で、縛り付けるなどもってのほかです。

ハムスターは犬ほど頑丈ではなく、体を縛ったりすると血行障害などの原因にもなりかねません。怪我の元ですので、使用は控えるようにしてください。

金網ケージ

ケージ紹介でもデメリットを書きましたが、ケージの中では一番オススメしません。

歯の不整合や落下による骨折など、トラブルの元です。店員さんが真っ先にオススメしてくる可能性がありますが、誘いに乗らず、できれば別の種類のケージにしましょう。

いかがでしたか?ここまでが危険なグッズです。

人気のあるグッズもあるので、購入しないように気をつけて下さい。

以下は人気はあるものの、賛否が分かれている飼育用品です。皆さんの参考になるよう、私の個人的な感想も記載します。

固まるトイレ砂

おしっこをすると固まるトイレ砂です。賛成派の意見と反対派の意見があります。

・反対派の意見

誤飲すると腸閉塞により死に至る
固まらなくてもそれほど掃除に困らない
避けれるリスクは避けるべき

・賛成派の意見

掃除が楽
匂いの軽減
定期的に清掃し、きちんと餌を与えていれば、誤飲などしない。

これは未だに決着の付いていない論争です。私個人の意見としては賛成派に近いですが、確かに余計なリスクは取らない方が良いとも思います。心配を減らしたいという方は、使わないほうが良いでしょう。

ウッドチップ

床に敷き詰める一般的なパルプ木材のウッドチップです。アレルギーが発生する!!と一部から反対意見があります。

これについても賛否がありますが、私個人の意見としては、そもそも「ペットショップでウッドチップを使用している」ので、アレルギーが出るなら、販売時点で初期症状が出ていると思うんですよね。万が一アレルギーが出ていたとしても、チェックリストを見ていれば、病気の子は回避できると思います。

また、ウッドチップにも確かにアレルギー性が微量ながらあると思いますが、それを過敏に考えすぎるのも如何なものかと思います。それ以上に、ウッドチップを嫌って、紙製や土など「管理の難しい上級者向けの床材」をチョイスする方がよほど危険ではないでしょうか?

私は広葉樹のウッドチップを使っています。針葉樹にくらべ、比較的アレルギーが出にくいそうです。ちなみに、10年以上ハムスターを飼ってますが、一度も床材のアレルギーは出た時がありません。

いかがでしたでしょうか?今回は危険なグッズをまとめてみました!!せっかくお迎えするハムスターですから、健康にすくすく育ってほしいですね!!

さて、ここ数回にわたって、ペットショップでのハムスター・グッズ選びをみてきました!次回からは、いよいよハムスターの飼い方を見ていきます!!ハムスターの夏の暑さ対策!エアコン・保冷材・グッズの活用術です!お楽しみに!!