ハムスターを水槽で飼育するメリット・デメリット

ハムスターのケージ選び3回目は水槽です。

金魚を飼っていたり、アクアリウムをされている方は水槽を使用すると思いますが、ハムスターを飼う時に水槽をチョイスする方も多いです。水槽自体の説明は不要でしょう。なんの飾り気もありませんが、ハムスターを飼う時のメリットは意外に多いです。

水槽はガラス製アクリル製があるので、それぞれの特徴を見ていきましょう!!

プラスチック水槽・プラケースは次回の記事で書きます。




1:水槽(ガラス)のメリット

・そこそこ安い
・広い
・安全
・中が見易い
・傷がつきにくい
 
ガラス製の水槽は値段もそこそこ安いものが多く、かなり大きめのサイズを選ぶこともできます。

ちなみに私のyoutubeチャンネル動画でよく写っているのは60cm×30cm×40cmの水槽(ガラス)です。横幅が60cmあれば、ゴールデンハムスターにとってもゆとりのあるサイズになります。高さの選定とグッズの配置を見誤らなければ、脱走されることもほぼありません。

金網を噛んだり壁面を壊したりしないため、金網ケージ、衣装ケースと比べてハムスターにとっても安全性が高いです。中も見易いため異常が起きた時もすぐ気がつきます。

撮影にももってこい!!ハムスターの写真、動画が綺麗に撮れます!撮影するときはガラスの反射があるので注意しましょう!反射を考慮しないと、撮影している自分がうっすら写ってしまいます!(写り込みに気づかないと、自分がネット上に公開されてしまいますw)

また、ガラス製の水槽は衝撃には弱いですが、擦り傷などはつきにくいので、適切に使えばきれいなまま長い間使うことができるでしょう。

安くて広くて安全で傷も付かず撮影もバッチリ!と無敵に見える水槽(ガラス)ですが、残念ながら致命的な弱点があります

2:水槽(ガラス)のデメリット

重い
・掃除がしずらい
・上からしかお世話ができない 

何と言っても水槽のデメリットはその重さです。致命的とさえいえます。アクアリウムなどと違い水はいれませんので、熱帯魚を飼う時よりはだいぶマシですが、それでもかなり重いです。ちなみに私が使っている水槽の重さはなんと12kgはっきり言いましょう。女性は持ち運ぶのがかなり厳しいです。

重いので掃除も大変。ひょいと持ち上げて、中のおが屑を傾けて取り出すなんてことはほぼできないと考えてください。男性で筋肉に自信のある方であれば可能ですが、それでもぎっくり腰などにならないように十分注意してください。重さをあえてポジティブに考えるのであれば、筋トレになるかもしれません(笑)

水槽(ガラス)に、重さ以外の致命的な弱点はありません。強いて言えば上からしかお世話できないことです。これは衣装ケージと共通ですね。重さを克服することができれば、こんなにオススメできる飼育環境もないかもしれないです。じゃあもっと軽い水槽はないの?と考えたそこのあなた!

軽い水槽があるんですよ!それがアクリル水槽です!!

1:水槽(アクリル)のメリット

・広い
・安全
・中が見易い
・ガラス水槽より軽い 

ガラス水槽のメリットと共通で、広くて安全性があり中も見易いです。そしてアクリル水槽はガラス水槽と比べ、重さが大分軽いです。サイズと品質によりますが、ざっくり1/2~3/4ほどの重量になります。

私の使用しているサイズの水槽だと、12kgだったものが7キロほどになります。軽い分取り扱いも楽です。ガラス水槽に比べれば掃除もしやすいでしょう。(それでも、金網や衣装ケースに比べると重いですが。)ただし、ガラス水槽であったメリットの項目2つ「安い・傷がつきにくい」が抜けてしまっています。

2:アクリル水槽のデメリット

値段が高い
・傷がつきやすい
・上からしかお世話ができない 

アクリル水槽の最大のデメリット!それは値段です!このクラスになると、お値段が相当張ります!良いものは高い!まさに資本主義!!サイズや品質によりますが、ガラス水槽の1.5倍~2倍くらいの値段がします。

広くて安全でガラスより軽い、飼育環境として弱点がほぼないアクリル水槽ですが、致命的な点は飼い主の財布にダメージがあるところでしょう!軽くなった分値段が高くなった水槽というイメージですね。サイズにもよりますが、6000円~20000円といったところでしょうか。これに関してはもう、この記事を読んでいる皆様の懐具合次第なので私からアドバイスできるところではありません。

ただ、アクリル水槽を買ってものすごく後悔した、という感想はあまりみかけない気がします。値段以外のデメリットとしては、ガラス水槽に比べて傷がつきやすい点です。擦り傷などが付きやすいので、掃除の際は柔らかい布を使ってください。水槽越しに撮影したい方は擦り傷の考慮も必要かもしれません。

上からしかお世話できないデメリットは、衣装ケースやガラス水槽と一緒ですね。

3:まとめ

今回は水槽の特徴をまとめましたが、いかがだったでしょうか?水槽は大きく2種類あり、ガラス製とアクリル製でメリットデメリットが違います。

飼育環境としてかなりおすすめできるメリットいっぱいの水槽ですが、ガラス製は重く、アクリル製は値段が高いのが最大のデメリットです。

ケージ選びの参考にしてみてください!!良いね!と思った方は、ぜひブックマークしていただけると嬉しいです☆

今回はここまで!!

次回はプラケースについて見ていきます!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す