キャンベルハムスターの特徴・値段・飼いやすさについて

ハムスターの種類まとめ第4回は「キャンベルハムスター」です。

飼っている人がいたら、かなりのハムスター通かも!?あまり聞き覚えのない方も多いのではないでしょうか?

↓キャンベルハムスターは、こんな感じの子です。

見た目はジャンガリアンに似ています!

では、特徴を見ていきましょう。

 

1:キャンベルハムスターの特徴(大きさ・重さ・寿命)

・サイズは7cm〜13cm。
・体重は30g〜40g。
・寿命は2〜3年

サイズに関しては、ほぼジャンガリアンと同じという認識でいいと思います。というよりも、ジャンガリアンと似過ぎて見分けがつかない!という方が多いです。キャンベル独特のカラーが多いので、そこで見分けた方がわかりやすいかもしれません。

youtubeなどでもあまりお目にかかることはないですが、外国ではジャンガリアンよりも人気の種類だったりするそうです。

2:キャンベルハムスターの特徴(性格)

・ハムスターの中でも、やや人になつきにくい。
・トイレの覚えは個体差と環境による。
・活発。
・やや臆病。
・噛み癖がある子が多い。

 

ジャンガリアンと姿は似てますが、性格は少しことなります。やや人になつきずらく、トイレの覚えも個体差が大きいです。

活発な性格ですが、臆病な面もあり、慣れていないと噛んでくることもしばしば。とはいえ、基本ジャンガリアンと大きな差はそこまでないと思います。

ジャンガリアンの飼育になれた方であればオススメです。

とはいえ、性格については個体差が大きいので、上記の特徴は、あくまで傾向としてとらえてください。

3:キャンベルハムスターの特徴(値段・色)

カラーはめちゃくちゃ豊富!!ノーマル、イエロー、ブラック、チョコレートなどに加え、赤目の子までいます!!
・値段は2000円〜5000円ほど。ロボロフスキーと同様に、他の種類と比べて高く、レアな子はさらに高いです。

ノーマルの子を含め、お店ではあまり見かけません。日本ではジャンガリアンの方が圧倒的に人気で、お店でも多くみかけます。

カラーの多さは随一!!個人的には「ブラック」が好きです!真っ黒なハムスターといえばキャンベルでしょう!かっこいい+かわいい=最強です(笑)

 

4:キャンベルハムスターの特徴(その他)

・飼育グッズが多い。
・飼っている人が少ない。

ジャンガリアンの飼育グッズを転用できるため、飼育グッズの購入には困りません。というよりもそもそも、ジャンガリアンとキャンベルのサイズはほぼ変わりません。

とはいえジャンガリアンと比べて飼っている人が少ないため、相談できる相手がいなかったり、そもそもお店にいなかったりもします。

赤目の子やレアな色は、お店ではあまりお目にかかれません。見かけたらラッキーです!!

 

5:キャンベルハムスターの飼いやすさ

上記を踏まえ、ロボロフスキーハムスターの飼いやすさは「やや飼いやすい」と思います。ジャンガリアンの方が多く飼育されている日本では、そちらの方が飼いやすいと言えるでしょう。

とはいえ、魅力的なカラーが豊富なキャンベルですので、一目惚れしたらトライしてもいいと思います!

いかがだったでしょうか?今回はキャンベルハムスターについて簡単にまとめてみました!!良いね!と思った方は、ぜひブックマークをお願いします♪

ハムスターを飼い始める時の参考にしてみてください!!

6:最後に

今回でハムスターの特徴まとめは一旦終了です。他の種類はややマニアックなのでここで一旦ストップします。

リクエストがあれば別の種類もまとめたいと思いますのでコメントください!!

最後に飼いやすさをまとめます。あくまでも個人的な感想です。

ゴールデンハムスター>ジャンガリアンハムスター>キャンベルハムスター>ロボロフスキーハムスター

私としては、やっぱりハムスターと一緒に遊びたいのです!!手乗りにしたいのです!!!その観点で見ると、やはりロボロフスキーは少し難しい気がしています。

次の更新からは、Twitterやyoutubeからのご質問に答えていきたいと思います♪

最初はハムスターケージの選び方についてです♪ご期待ください!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*